こんにちは!

今日は
天気がいいので
壁を使ったボーイング練習方法を
書きたいと思います。
 
 

この練習の目的
 
 
✅中弓から先弓までの
腕の動かし方の感覚をつかもう
 
 
✅先弓のときに
肘が後ろに下がってしまう癖を
直そう

 
 
 
 
 
 

手順

丸を作る

 
 
目の前の大きな木を
抱きかかえるイメージで
大きな丸を作ります。
 
 
■イメージ図

 
 
 
 
 
 
こんなイメージです。

 
 
 
 
📸実際の図

 
 
これくらいの大きさです。

 
 
 
 

左手を90°上に
 
右手を90°下に向ける

 
 

ポイント
この時の姿勢は
実際楽器を持って中弓にいるときの姿勢と
大体同じです。

 
 
 
 

肩と肘を壁に付ける

 
 
②の姿勢を
左側だけキープしたまま
左肩と左肘の二点を
壁に付けます。


 
 
 
 

肩と肘をつけたまま
腕を伸ばす

 
 

ポイント
この時
体の軸は動かさない!

 
 
 
 

元の角度に戻す

 
 
必ず元の角度に戻してください。

 
 
NGな時
戻しすぎている

手は自分自身に付かないように
注意して下さい。
 
 
 
 

これを繰り返す

 
 
 
繰り返している様子はコチラです。

 
 

ポイント
極力脱力して動かす!

 
 
 
 
 
 

何かしながら出来る 
お手軽トレーニングです

 
テレビを観ながら、
携帯を操作しながら、など
 
実際に楽器を用意しなくても
壁さえあればできる
簡単なトレーニングなので
ぜひ挑戦してみてください~🎻
 
 
 

The following two tabs change content below.
ヴァイオリンを弾いたりします。 桐朋音大院生・講師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です